性病検査キットがあなたと恋人のことを救う|性交のリスクと絶交

Hospital

注意点

medical care

性病というと、エイズが真っ先に思い浮かぶという方が多いかと思われます。エイズにかかると体中の免疫機能が失われていき、最終的には死にもつながってしまう恐ろしい病気です。
しかし、感染力という点でいえば、クラミジアのほうが圧倒的です。エイズにも気をつけなければなりませんが、クラミジアにも注意する必要があります。

クラミジアの感染力は高く、クラミジア感染者と性交した場合に相手に感染する確率は5割にもなるとされています。2回に1回は感染してしまうというのは、かなりの脅威です。もちろん、コンドームを正しく使えば感染の確率をゼロに近づけることができます。
ただ、クラミジアで怖いのは、感染ルートは性器の接触のみではないということ。例えばアナルセックスでも感染しますし、フェラチオなどのオーラルセックスやディープキスでも感染の恐れがあります。ディープではないキスであれば、確率はほぼゼロですが、ゼロではありません。そのため、パートナーが言った・言わないに関わらず、クラミジアの検査は行っておいた方がいいかもしれません。女性であればおりものが増える、男性であれば排尿時に痛みを覚えるなどの症状が出ますので、おかしいなと思ったらすぐさま検査しましょう。病院へ行くのが恥ずかしいのであれば、性病検査キットを取り寄せて検査してもらうこともできます。ちなみに、女性のクラミジア感染者は5%ほどにもなるといわれています。

クラミジアでさらに気をつけた方がいいのは、間接的な感染です。例えば、タオルを共同で使っていると、そこから感染する可能性があります。普段から気をつける必要はないですが、パートナーがクラミジアだと分かっている間は分けた方が無難です。
クラミジアは、薬を飲むことによりちゃんと治すことができる病気です。性病検査キットを用いるなどして、早めに発見するようにしましょう。
性病検査キットは匿名で注文し、梱包もカムフラージュしてもらえるので、家族やパートナーに知られずにこっそり調べたい場合にも大丈夫です。

Copyright © 2015 性病検査キットがあなたと恋人のことを救う|性交のリスクと絶交 All Rights Reserved.